高校生がタトゥーを入れると違法?今更聞けない未成年タトゥー事情を解説

Jasmin Chew

この記事は、タトゥーに心惹かれている皆さんへ向けて書いています。もしかしたら、「未成年だけど、タトゥーを入れても大丈夫かな?」と思っているかもしれませんね。

この記事を通じて、日本の法律で定められている年齢制限や、高校生がタトゥーを入れることの法的側面、さらに海外での事情まで、幅広くご紹介します。

皆さんの疑問や不安を解消する手助けになれば幸いです。

それでは、一緒に学びましょう。

スポンサードリンク



未成年者とタトゥーを入れて良いのか?現在の法律解説

結論から先に言うと「高校生、未成年がタトゥーを入れても法律上は問題ありません

これは本当です。

しかし、特に未成年者がタトゥーを入れるには慎重さが求められます。

日本では、法律でタトゥーの年齢制限を明確に定めているわけではありませんが、タトゥー業界では、お店を訪れた未成年者への施術を断るのが一般的で事実です。

このセクションでは、なぜ未成年のタトゥーは違法ではないのに、タトゥーショップで断れられてしまうのか?

日本の「タトゥーを入れて良い年齢」について、また高校生がタトゥーを入れることの可否に関する校則と法的側面、さらに海外の子供たちに関するタトゥーの法律事情についても掘り下げていきます。これからの小見出しで、これらのトピックについて詳しく見ていきますので、楽しみにしていてくださいね。

日本での「タトゥーを入れて良い年齢」とは?

Victoria Priessnitz

改めて、日本では、タトゥーを入れることに関して、法律で特定の年齢制限は設定されていません。しかし、多くのタトゥー店では18歳未満への施術を控えるという自主規制があります。

これは、未成年者の身体的、心理的成熟度や、重要な決断を下す能力に配慮したものです。さらに、タトゥーショップ側からすると、各都道府県・自治体の青少年保護育成条例等によって、未成年者に刺青を施す行為が禁止されている地域があり、発覚した場合には彫師未成年者が保護者の同意なしにタトゥーを入れることは、後に法的な問題を引き起こす可能性もあるため、多くの店では保護者の同意書の提出を求めています。

逆に言えば、保護者の同意書があれば、地域によっては未成年でもタトゥーを入れることは可能です。

どうすれば確認できるのか?

それは近所のタトゥーショップに電話で聞いちゃうのが一番手っ取り早いです。高校生なんですけど大丈夫ですか?と聞いてみてください^^

が、未成年であっても、高校生だった場合、話は変わります。

スポンサードリンク

高校生はタトゥーを入れて良い?校則と法的側面から解説

Megan Bagshaw

高校生がタトゥーを入れることについては、学校の校則や地域社会の影響が大きく関わってきます。

多くの高校では、校則でタトゥーを禁止しており、これに違反した場合、学校側からの指導や処分を受ける可能性があり、例えば除去を推奨され、断った場合、停学どころか退学なんていう高校は普通にあります。

法的な観点からは、未成年者がタトゥーを入れること自体が直接的に違法であるわけではありませんが、校則違反による学校生活への影響を考える必要があります。

未成年であっても、高校生、学生ならタトゥーを入れるのは、退学覚悟、もしくは学校側が超大きな器で許容してくれる場合に限る。と言うことです。

スポンサードリンク

海外の子供達のタトゥーに関する法律事情を紹介

JJ Jordan

せっかくなので、海外においての、未成年、学生タトゥーについて紹介しておきましょう。

海外では、タトゥーに関する法律や規制は国によって大きく異なります。

例えば、アメリカ合衆国では多くの州で18歳であれば、タトゥーを入れて良いと法律で定められており、さらに一部の州では保護者の同意があれば未成年でもタトゥーを入れることが可能で、学校によっても同じ同意書があればタトゥーは「顔面、二の腕、見える場所はダメだけど、お腹など見えない場所のワンポイントならOK」なんていうゆるい規則がある場所もあるようです。優しいじゃんと思った方は少しだけ訂正しておきますが、これらの地域はいわゆる”荒れている地域”で、幼少期から当たり前のようにタトゥーを入れている地域だったりするため、その程度のタトゥーを許容していかないと、子供達の教育に弊害が生まれてしまうための苦肉の策だと思ってください。

せっかくなので、こんな記事もありますのでよければ

スポンサードリンク

各県の未成年者へのタトゥー施術に関するガイドラインとは?

さて、未成年は同意書があればOKだけど、学生が入れると退学になる可能性があることが分かりましたね。

次は、日本において、未成年者へのタトゥー施術に関するガイドラインは、県によって異なることがあります。これらの違いを理解することは、未成年者がタトゥーを検討する際に重要です。

地域ごとの異なる規制とその背景、そして未成年者がタトゥーを考える際に留意すべき点について詳しく説明します。ぜひ最後までお読みくださいね。

スポンサードリンク

地域ごとの異なる規制とその理由を紹介

日本の各県では、未成年者へのタトゥー施術に関するガイドラインが設けられている場合があります。

たとえば、一部の県では未成年者へのタトゥー施術を完全に禁止している場合もあれば、他の県では保護者の同意があれば許可されている場合もあります。

これらの規制は、未成年者の保護という観点から設けられており、地域社会の文化や価値観に基づいて異なることが多いのです。そのため、タトゥーを考える際には、自分が住んでいる地域の規制をよく確認することが重要です。

スポンサードリンク

タトゥーを考える未成年者へのアドバイス

未成年者がタトゥーを考える際には、いくつかの重要なポイントを心に留めておく必要があります。まず、自分の住む地域の法律や規制を確認し、親や法的保護者と相談することが大切です。

また、タトゥーは一生残るものであり、将来にわたって影響を与える可能性があるため、十分な検討と熟考が必要です。信頼できるタトゥーアーティストを選び、施術に際してのリスクやアフターケアについても十分に理解しておくことが大切です。最終的な決断は、自分自身の責任で行うべきですが、その選択には慎重になるべきです。

スポンサードリンク

未成年でも怒られずにタトゥーを入れるには?

Dmitriy Nushtaev

未成年者がタトゥーを入れることを考える際、一番心配なのは「怒られるかもしれない」ということですよね。

先に言っておきますが、親に内緒でタトゥーを入れるのは絶対にやめてくださいね。

しかし、正しい手順と準備を行えば、トラブルを避けることができます。

このセクションでは、親や法的保護者の同意書の重要性、タトゥー施術の流れ、そして安全で衛生的な施術を受けるためのポイントについて詳しく説明します。これらの小見出しで、未成年でも安心してタトゥーを入れるためのノウハウをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

親や法的保護者の同意書があれば良い?

未成年者がタトゥーを入れる際には、親や法的保護者の同意が非常に重要で、多くのタトゥーショップでは、未成年者への施術を行う前に、保護者の同意書の提出を求めています。この同意書は、未成年者本人だけでなく、保護者もタトゥー施術について理解していることを示すものです。

また、同意書は、未成年者が将来的にタトゥーに関して後悔した場合の法的なトラブルを防ぐためにも重要です。そのため、タトゥーを入れることを考えたら、まずは親や保護者としっかりと話し合い、理解と同意を得ることが大切です。

タトゥー施術の流れと注意点

Sinitta Leunen

タトゥーを入れるプロセスは、単にデザインを選んで施術を受けるだけではありません。まず、施術を行うタトゥーショップとアーティストを慎重に選びます。

信頼できるアーティストを見つけたら、デザインの相談、施術日の予約、料金の確認を行います。施術当日は、清潔な状態でショップに行き、施術についての最終確認をします。施術中は、アーティストの指示に従い、リラックスすることが重要です。施術後は、アフターケアの指示をしっかりと守る必要があります。タトゥー施術は肌に負担をかけるため、アフターケアを怠ると感染症のリスクがあります。

安全で衛生的なタトゥー施術を受けるためのポイント

タトゥーを安全かつ衛生的に入れるためには、いくつかの重要なポイントがあります。最も大切なのは、信頼できるプロフェッショナルなタトゥーショップとアーティストを選ぶことです。

施術環境が清潔であるか、使用する器具が滅菌されているか、アーティストが適切な衛生管理を行っているかなどを確認することが重要です。また、アレルギーや皮膚の状態についてアーティストに伝え、アフターケアの方法をよく理解しておくことも大切です。これらのポイントを守れば、安心してタトゥーを楽しむことができます。

スポンサードリンク

タトゥー施術後のアフターケアについて

Jonathan Cooper

タトゥーを入れた後のアフターケアは、タトゥーを美しく保ち、健康を守るために非常に重要です。適切なアフターケアを行うことで、タトゥーの色褪せや感染のリスクを減らすことができます。このセクションでは、施術直後に行うべきこと、注意すべき点、そしてタトゥーと長く良い関係を保つためのコツについて詳しく解説します。これらの小見出しで、タトゥー施術後の適切なケア方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

アフターケアはかなり細かい症状ごとに対応が違うので、もし興味がある人はこちらをクリックしてみてくださいね↓

術後すぐにするべきこと

タトゥー施術直後は、肌が非常に敏感な状態になっています。

とにかく「清潔に、菌を繁殖させない、定期的に水洗い、しっかり保護」を徹底してください。

施術後数時間は、タトゥー部分を清潔なバンデージやプラスチックラップで覆い、保護します。このバンデージは、アーティストの指示に従って数時間後には外します。

その後、タトゥー部分を優しく洗い、抗菌性のソープを使って軽く洗浄することが推奨されます。洗浄後は、タトゥー専用のモイスチャライザーやヒーリングクリームを薄く塗り、保湿をします。これらの初期の手当ては、感染予防と早い回復に役立ちます。

おそらくショップである程度ガーゼや軟膏などをもらえると思いますが、人によってはぶつぶつが出てきたり、痒みが耐え難かったりして寝ている間に掻きむしってしまう人もいるので、以下のような傷跡にくっつかないけど水分はしっかり吸収してくれる滅菌パッドを常備しておくことをお勧めします。

created by Rinker
白十字
¥269 (2024/06/24 23:35:16時点 Amazon調べ-詳細)

術後注意すべき点

タトゥー施術後は、特に初めの数週間、いくつかの注意点があります。

直射日光や塩水、塩素水にタトゥー部分を晒さないようにしましょう。これらはタトゥーの癒合プロセスを遅らせる原因となります。特に直射日光がやばいです。怪我の後に直射日光を当て続けると”皮膚が黒くなったまま”なかなか色素沈着から抜け出せません。

この画像↓私の腕の写真ですが、何年前の跡か分かりますか?

これ、実は5年前の怪我の後です。怪我後、皮膚が塞がったからと包帯を外して生活していたところ、怪我部分がごっそりと真っ黒に。徐々に黒くなっているとはいえ、これ、かなり目を引くようで、必ず、その腕どうしたの?と言われて舞います。

怪我、タトゥー直後の直射日光ダメ絶対!

また、タトゥー部分を掻いたり、擦ったりすることは避けてください。これは肌の炎症を引き起こし、タトゥーの品質を損ねる原因になります。

さらに、タトゥー部分は乾燥しやすいので、定期的に軟膏などで保湿することが重要です。

タトゥーと長く付き合うコツ

タトゥーと長く良い関係を保つには、日常生活での継続的なケアが必要です。

例えば、タトゥー部分を常に清潔に保ち、適切な保湿を心がけることが大切です。また、タトゥー部分は日焼けによる色褪せを防ぐために、日焼け止めクリームの使用が推奨されます。そして、タトゥーのある部分の健康を保つためには、バランスの取れた食事と十分な水分摂取も大切です。

これらの継続的なケアにより、タトゥーは長年にわたってその美しさを保つことができます。

スポンサードリンク

まとめ:未成年者がタトゥーを入れても良いのか?この記事で伝えたいこと

Ivan Verrengia

タトゥーを入れることは、特に未成年者にとって大きな決断です。この記事を通じて、未成年者がタトゥーを検討する際の法的な側面、地域ごとのガイドライン、そして安全なタトゥー施術のための重要ポイントをお伝えしました。

重要なのは、日本では未成年者がタトゥーを入れることに対して、法律で明確な年齢制限は設けられていないものの、多くのタトゥーショップが未成年者への施術に慎重な態度を取っているという事実です。また、高校生などは校則の制約も考慮する必要があります。

私たちが伝えたいのは、未成年者がタトゥーを検討する際には、保護者との十分な相談、自分の住む地域の規制の理解、そして信頼できる施術者を選ぶことの重要性です。タトゥーは一生残るものであり、それに伴う責任と結果を十分に理解し、慎重に決断することが大切です。

最後に、タトゥーを入れた後の適切なアフターケアも忘れてはなりません。タトゥーと長く良い関係を保つためには、日々のケアが重要です。この記事が、タトゥーに興味を持つ未成年者の皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!